漫画で人生にワクワクを!

【鬼滅の刃】胡蝶しのぶを徹底解説!蟲の呼吸の技、生い立ちから死亡理由まで

胡蝶しのぶ

©吾峠呼世晴/集英社

『鬼滅の刃』で鬼殺隊を支える9人の柱のうちの1人、蟲柱・胡蝶しのぶについて紹介。

花ちゃん

常に微笑みを絶やさない美しい女性ながら、毒を使う珍しい剣士でもある胡蝶は一体どのような人物なのでしょうか?

性格や生い立ちといったプロフィールのほか、胡蝶が使用する蟲の呼吸や死亡理由について詳しく解説していきます。

蟲柱・胡蝶しのぶとはどんな人物?

胡蝶しのぶ

(鬼滅の刃:101話引用)

胡蝶しのぶプロフィール
名前胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)
階級
誕生日2月24日
年齢18歳
身長151cm
体重37kg
出身地東京府 北豊島郡 滝野川村
趣味怪談話
好きなもの生姜の佃煮

性格

胡蝶は物腰が柔らかく、おしとやかな雰囲気をもつ女性です。

しかし鬼に対しては、笑顔できつい言葉を放つ・拷問をほのめかすなどの冷徹な一面ものぞかせます。

戦闘・医学・薬学に秀でているほか、指導者としても優れています。

例えば炭治郎や善逸たちは、胡蝶の屋敷での稽古を経て『全集中の呼吸・常中』を会得することができました。

生い立ち

胡蝶には双子の姉・カナエがおり、2人は父親と母親によって大事に育てられていました。

しかしある日の夜、鬼に襲われ両親が殺されてしまいます。

駆け付けた岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)によって、命を救われた胡蝶とカナエ。

2人はその後、自分以外の誰かに同じ思いをさせないために鬼殺体入隊を決めたのです。

花の呼吸を極めたカナエは花柱となりますが、上弦の弐・童磨(どうま)との戦いに敗れ命を落としてしまいます。

カナエは最期に「鬼殺隊を辞めなさい」「普通の人間として生きてほしい」と伝えて息を引き取りました。

しかし、胡蝶は必ず姉の仇をとると心に誓い、大変な努力を重ねて柱に上りつめたのです。

能力

『柱の中で唯一鬼の頸を斬れない剣士』と自ら語ったように、胡蝶は鬼の頸を斬り落とすことができません。

代わりに、自らが開発した『鬼を滅する毒』を使用して鬼を討伐しています。

胡蝶は藤の花から抽出した毒を自分の刀に仕込んでおり、敵に刀を刺すことで毒を注入するのです。

刀は剣先と鍔元以外の中央部分が非常に細い、針のような特殊な形をしており、使用する毒は刀を鞘にしまう際に調合を変えることが可能で、鬼によって使い分けています。

スポンサーリンク

胡蝶しのぶは『蟲の呼吸』の使い手

胡蝶しのぶ 蟲の呼吸

(鬼滅の刃:41話引用)

『蟲の呼吸』は、5大基本流派の1つ『水の呼吸』から派生した『花の呼吸』から、さらに派生してできた呼吸です。

威力が強いうえに高速の突き技が多いのが特徴で、その速度は『水の呼吸』最速の技『漆ノ型 雫波紋突き』を上回るといわれています。

また、胡蝶が作ったオリジナルの呼吸法であるため、『~ノ型』ではなく『~ノ舞』という名称になっています。

『蟲の呼吸』の技名一覧

蝶ノ舞 『戯れ(ちょうのまい たわむれ)』

蟲の呼吸 蝶ノ舞 戯れ(ちょうのまい たわむれ)

(鬼滅の刃:41話引用)

蝶のように優雅な動きで、素早く相手を斬りつける技です。

すれ違いざまに複数箇所を斬るとともに、敵の体内へ毒を注入します。

蜂牙ノ舞い 『真靡き(ほうがのまい まなびき)』

蟲の呼吸 蜂牙ノ舞い 真靡き(ほうがのまい まなびき)

(鬼滅の刃:141話引用)

一瞬のうちに相手との間合いを詰め、蜂のように鋭い突きを放つ技です。

上弦の弐・童磨(どうま)との戦いで使用し、相手が防御するスピードを上回る強力な突きで、童磨の目を貫きました。

蜻蛉ノ舞い 『複眼六角(せいれいのまい ふくがんろっかく)』

蟲の呼吸 蜻蛉ノ舞い 複眼六角(せいれいのまい ふくがんろっかく)

(鬼滅の刃:142話引用)

蜻蛉とはトンボのことを指し、6回連続で突き技を繰り出して相手に毒を打ち込む技です。

藤の花の毒に耐性がある童磨に、一度に大量の毒を注入するために使用しました。

蜈蚣ノ舞い 『百足蛇腹(ごこうのまい ひゃくそくじゃばら)』

蟲の呼吸蜈蚣ノ舞い 百足蛇腹(ごこうのまい ひゃくそくじゃばら)

(鬼滅の刃:142話引用)

蜈蚣(ごこう)=ムカデのように、四方八方にうねる動きで攻め筋を読ませず、相手の隙をついて打ち込む突き技です。

木製の足場を割るほどの踏み込みから繰り出されるこの技は、『蟲の呼吸』の中でも渾身の一撃といえるでしょう。

【ネタバレ注意】胡蝶しのぶが初めて活躍するのは『那田蜘蛛山での戦い』

胡蝶しのぶ 刀

(鬼滅の刃:41話引用)

上弦の陸・累の討伐へ

胡蝶は富岡義勇(とみおかぎゆう)と共に、本部から那多蜘蛛山の戦いに派遣されます。

那多蜘蛛山には上弦の陸・塁(るい)が巣食っていたのです。

塁は恐怖による支配で他の鬼を従わせ、家族を形成していました。

そのうちの1体、姉蜘蛛のもとに胡蝶が現れます。

気配を感じさせずに鬼の背後に現れ、軽い身のこなしで攻撃を避ける胡蝶。

鬼はそんな胡蝶の息の詰まるような圧迫感に、塁とは違う恐怖を覚え助けを請います。

そんな鬼に、胡蝶は何人殺したのかと尋ねました。

5人殺したと嘘をつくその鬼は、実際には80人もの人間を食べており、助けるためには罰が必要だと胡蝶は告げます。

「人の命を奪っておいて、何の罰もないなら殺された人が報われません。人を殺した分だけ、私がお嬢さんを拷問します。目玉をほじくり出したり、おなかを切って内臓を引き摺りだしたり。その痛み苦しみを耐え抜いた時、あなたの罪は許される」

それを聞いた鬼は胡蝶を攻撃しますが、驚異的な速度で技を繰り出し、毒により鬼を討伐することに成功しました。

 

柱が集結する柱合裁判、胡蝶が炭治郎に託した夢とは

討伐後、胡蝶は鬼である禰豆子を見つけ殺そうとしますが、富岡に阻止されてしまいます。

そして本部からの伝令により確保された炭治郎・禰豆子の処遇に関して、鬼殺隊柱合裁判が行われます。

裁判の場では禰豆子が人を襲わないことの証明がなされました。

その後、負傷した炭治郎の療養のため、自らの屋敷に連れていきます。

 

蝶屋敷邸で炭治郎が機能回復訓練を受けていたある日、胡蝶は炭治郎のもとを訪れます。

なぜここに連れてきてくれたのかと問う炭治郎に「君には私の夢を託そうと思って」と答えました。

その夢とは鬼と仲良くするということ。死んだ姉・カナエの夢でした。

しかし胡蝶は最愛の姉を惨殺された時から、鬼に対する怒りが増えるばかり。

そのジレンマを抱える胡蝶にとって、禰豆子を守ろうとする炭治郎はある種の希望だったのかもしれません。

「炭治郎君頑張ってくださいね。どうか禰豆子さんを守り抜いてね」

「自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと私は安心する。気持ちが楽になる」

そう言い残し、胡蝶は姿を消しました。

【ネタバレ注意】胡蝶しのぶの死亡理由は?最期はどうなる?

胡蝶しのぶの死亡理由

(鬼滅の刃:141話引用)

上弦の弐・童磨との命を賭した戦い

異空間・無限城での総力戦が始まる中、胡蝶は姉を殺した張本人である上弦の弐・童磨と遭遇します。

胡蝶は童磨に毒を注入しますが、毒への耐性がつく速さが異常に速く、何度調合を変えても一向に効く気配がありません。

そこで、一度に大量の毒を打ち込もうと『蜻蛉の舞い 複眼六角』を放ちますが、同時に童磨によって致命傷を負わされてしまいます。

左肺を斬られて息ができず、失血で立つことも難しい胡蝶の前に現れたのは、カナエの幻影でした。

「倒すと決めたなら倒しなさい。勝つと決めたのなら勝ちなさい。どんな犠牲を払っても勝つ。私ともカナヲとも約束したんでしょう」

「しのぶならちゃんとやれる。頑張って」

姉の言葉を聞いて胡蝶は立ち上がり、頸に毒を叩き込めば勝機はあると童磨の頸を刃で貫きました。

しかしその渾身の一撃すら童磨には効かず、毒は解毒されてしまいます。

童磨は胡蝶を抱きしめ、感動した!と胡蝶の頑張りをねぎらう言葉をかけます。

「姉さんより才もないのによく鬼狩りをやってこれたよ。今まで死ななかったことが奇跡だ」

「君は俺が食うに相応しい人だ。永遠を共に生きよう。言い残すことはあるかい?聞いてあげる」

胡蝶は最期に「地獄に落ちろ」と童磨に言い放ちます。

胡蝶の継子である栗花落カナヲ(つゆりかなお)が駆け付けましたが、胡蝶は童磨によって吸収され死亡してしまいました。

胡蝶は毒を体に仕込んでいた?童磨を倒す決死の策とは

胡蝶しのぶvs童磨

(鬼滅の刃:162話引用)

胡蝶の仇を取ろうとするカナヲのもとに伊之助が合流、童磨との戦いを繰り広げます。

これまでの鬼の比でない童磨の強さに苦戦するカナヲたちでしたが、突如童磨の顔が溶け始めました。

童磨に吸収された胡蝶の体には致死量以上の藤の花の毒が回っており、その毒を分解しきれずに童磨の体が崩れたのです。

胡蝶はカナヲに、童磨を確実に滅殺するための条件を事前に伝えていました。

その条件とは『第1に胡蝶が鬼に喰われて死ぬこと、第2にカナヲが鬼の頸を斬ってとどめを刺すこと』です。

血液・内臓・爪の先に至るまで、高濃度の藤の花の毒が回っている状態になるため、1年以上毒を摂取し続けていたのです。

また、鬼殺隊の長・産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)は、藤の花の毒だけでは上弦の鬼を確実に滅殺するのは無理だと判断していました。

そのため、胡蝶は無惨に恨みを持つ鬼・珠世との共同研究も進めていました。

胡蝶の体重37キロ分・致死量のおよそ70倍の毒を体内に取り込んだ童磨は、再生することができません。

「絶対にしのぶ姉さんの命を無駄にはしない!!」

カナヲは『花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼(ついのかた ひがんしゅがん)』で動体視力を極限まで上げ、童磨の頸へと迫ります。

そして伊之助の助けもあり、童磨の頸を斬ることができました。

死後の世界で、童磨は胡蝶と再会します。

「あ、やっと死にました?よかった。これで私も安心して成仏できます」

「まだ鬼の始祖も残っていますがきっともう大丈夫。仲間の誰かが必ずやり遂げてくれる。私はそう確信している」

毅然とした態度の胡蝶に対し、今までどんな感情をも抱いたことのない童磨が、初めて恋心を抱きます。

一緒に地獄に行こうと誘う童磨に、「とっととくたばれ糞野郎」と満面の笑みで言い放つ胡蝶。

悲願だった姉の仇を取ることができた胡蝶は、天国で両親・姉と再会し互いを抱きしめあいました。

【鬼滅の刃】胡蝶しのぶまとめ

以上、蟲柱・胡蝶しのぶについて紹介してきました。

毒を操り鬼を滅する特殊な剣士の胡蝶は、医学や薬学にも精通しているほか、隊士の育成にも長けている非常に優秀な柱です。

そんな胡蝶は自分の命と引き換えにして、仇である上弦の弐・童磨を討ち取ることができました。

胡蝶の死はとても残念ですが、胡蝶の想いを継いだカナヲの今後の活躍が期待されます。

漫画は完結してしまいましたが、アニメの方も楽しみですね!